30代までの肌トラブルは刺激が原因?肌に刺激を与える本当の原因

年代問わず、スキンケアは必要なことです。そして肌は敏感ですからケアを怠るといつのまにかニキビができたり、何らかの肌荒れの症状が出てきてしまいます。
ここでは、肌を守るために必要なことと普段からどのようなケアをすることが肌にとって良いのかを紹介していきたいと思います。

 

肌にとっていけないことって?

肌はとても敏感なものです。特に顔はしっかりとケアをしないとすぐに症状があらわれ、尚且つ肌の表面にシミやシワといった何年も続く肌トラブルの原因をつくりがちです。
ここで改めてしっておいてもらいたい日常生活から気にかけなければならないことがあります。

 

「刺激・摩擦を与えない」

 

これは目をこすったり、ニキビケアをするためにニキビにクリームを塗る際に何度も同じ箇所をなでたり、スキンケアの際の基礎化粧品を何種類も肌に重ねていくことなどがあげられます。

 

肌に刺激や摩擦を与えることで肌にはいろんな弊害がでてきます。その弊害には以下のことが挙げられます。

 

・肌への色素沈着(シミやくすみ)
・肌の油や水分が奪われ角質がはがれる

 

特に角質がはがれてしまうと肌のガードがなくなってしまいますから乾燥肌や赤みのある肌、補おうと肌が油を作ろうとしますからオイリー肌になったり、敏感肌になってしまいます。
この「刺激や摩擦」による肌へのダメージは紫外線を肌に当てることと同じ症状なのです。
これらから肌を守るためには「保湿」が欠かせないものとなります。

 

「保湿」が肌にもたらす効果と、やりがちな間違い

スキンケアを行う際に1番重要なのはこの「保湿」です。肌を外からの刺激から守り、水分を逃がさないようにガードをするのにも肌が潤っていなければ始まりません。肌の中にある細胞が正常に働かないからです。
そして潤いがない肌は朝化粧をするときに化粧ノリが悪く綺麗に肌につかないため何度もファンデをつけようとスポンジをすべらすので摩擦や刺激がダイレクトに肌の表面を傷つけることになります。そのためにも「保湿」は欠かせないのです。

 

だからといって「保湿」を意識しすぎるのも悩みものでケアをする際に長時間肌に触れたり、スキンケア化粧品をしみこませすぎると肌の奥まで浸透させた水分を乾燥させてしまうので潤いが消失してしまうのです。
他にも「保湿」のために複数の化粧品をつけることで肌への摩擦が起き、肌を傷つけてしまうのです。

 

こんなとき役に立つのが『オールインワン化粧品』なのです。では具体的にどのような効果があるのでしょうか?

 

肌への摩擦や刺激は最小限に。肌に優しい『オールインワン化粧品』とは

『オールインワン化粧品』…皆さんも聞いたこと、見たこと、使ったことあるかと思いますが、これはスキンケアに必要な機能がすべて含まれているのが特徴です。
1つに「化粧水・美容液・乳液」が基準となって含まれており、商品によっては他の機能も含まれています。

 

これらの機能を単体で行うとすれば、最低でも3回は肌に触れる必要があり、時間のない中でのスキンケアを行う際には1つ1つの工程が雑になりがちでより肌を扱う手の力が強くなり肌へ刺激や摩擦を与えがちです。
そんなときに便利になるのが『オールインワン化粧品』となってくるのです。

 

1つに3つの機能が含まれていますから肌へ触れる回数も少なく刺激や摩擦を最小限に抑えることができます。
また時間がない中でもスキンケアを行うことができるので時間がない中でも肌へ潤いをもたらしてくれることができます。
ほとんどの『オールインワン化粧品』を売りにした商品は「保湿」に特化していますからスキンケアに最も重要とされる効果を得ることができるのです。

 

また安価で購入できるものですから試しに…と使ってみても損はしないでしょう。
ただし自分の肌に合わない成分が入っていた場合どの成分が合わないのかを判断しにくいといったデメリットもあります。
ですから自分の肌の状態や必要な成分を確認したうえで購入することをオススメします。

 

〜まとめ〜

・肌には「刺激」と「摩擦」は強敵!!!
・肌を守るためにも肌の内部のガード機能を働かせるために「保湿」は重要となる

 

肌への扱いはとても繊細なものです。日常生活のなかで例えば頬に肘をついたり目をこすったり…これらも肌にとっては「刺激」や「摩擦」につながります。
肌トラブルを避けるためにも「保湿」は大切といえるでしょう。