大人の敏感肌は後天性敏感肌!原因がわかれば治し方もわかる!

肌のトラブルで1番多いのは『敏感肌』によるトラブルと言われています。『敏感肌』といっても一概に1種類とは言えないのです。
健康な肌には紫外線や細菌などの刺激から守ってくれる機能が備わっているのですが何らかの原因で守る機能が弱くなり、肌に何らかの症状が出始めます。これが『敏感肌』の特徴です。
ここでは『敏感肌』について種類と原因、改善方法を紹介したいと思います。

 

1つではない『敏感肌』の種類とは?

冒頭でも言いましたが『敏感肌』といっても一概に1つではありません。『敏感肌』を改善するためにもまずは『敏感肌』の種類を知っておきましょう。

 

【先天性敏感肌】
これは、生まれつき『敏感肌』の素質がある方でアトピー性皮膚炎やアレルギー体質の方が当てはまります。こちらの原因は遺伝によるものが多く『敏感肌』の症状が完全に無くなるのは難しいと言われています。成長とともに症状が改善されることもありますが体質や人によるので皮膚科による処方箋から症状を軽減させることが大切です。

 

【後天性敏感肌】
こちらは、もともと肌に症状が感じられなかった方が何らかの原因で後から『敏感肌』になってしまう方です。そして細かく分かれます。

 

・季節の変わり目、疲れから発症する『敏感肌』
・乾燥からくる『敏感肌』
・紫外線の当て過ぎからくる『敏感肌』
・肌に合わない化粧品からくる『敏感肌』

 

それぞれに理由があるのですがこれらをまとめて【後天性敏感肌】となります。

 

『敏感肌』といっても種類や原因から改善方法も変わってきます。まずは自分が『敏感肌』かな?と感じたとき、自分はどちらに当てはまるかを考えてみましょう。

 

『敏感肌』の原因と要因とは?

『敏感肌』の原因はいくつかあり、私たちの日常生活と深い関わりがあります。

 

*乾燥
『敏感肌』に最も多い原因が「乾燥」です。
冬から春は空気が乾燥しているので『敏感肌』の方は要注意の季節ですが、他にも夏場にはエアコンが欠かせないアイテムですが室内が「乾燥」しやすくなります。
その為肌の水分が奪われがちになり「乾燥」が起きやすくなり『敏感肌』になる要素が強くなります。

 

*加齢
年齢を重ねるごとに皮膚の細胞が薄くなり、コラーゲンの弾力も失われていきます。故に皮膚内の細胞が減り紫外線へのガード力も衰えてきますから肌へのダメージも受けやすくなります。

 

*間違ったスキンケア
自分の肌に合っていないことに気付かず長年使い続けている化粧品や頭髪料なども皮膚にダメージを与えてしまい過敏になりやすい肌を作ってしまいます。
また、肌を強くこすったりスキンケアの際のコットンによる摩擦から肌に刺激をあたえることも『敏感肌』になりやすい要因の一つです。

 

*食生活・睡眠不足
最近では○○ダイエットと称し、それだけを食べ続けたり、飲んだり、置き換えたりと偏食になりやすい傾向が高まりつつあります。
ですが痩せることに対しては効果がでても、肌に必要な栄養が不足し、肌がボロボロになったり体調に変化を与えたりすることがあります。
また、体を休める睡眠時に細胞は動きますから寝不足が続くといくらケアをしても細胞の効果が発揮されず結果肌荒れや『敏感肌』に陥るのです。

 

*体質
【先天的敏感肌】の方のように肌疾患をもともと持っている方やストレスを感じやすい方、環境の変化により精神が安定しない方も『敏感肌』になりやすいとされています。

 

『敏感肌』による実際の肌症状と改善方法

生活していく中で肌に以下の症状が当てはまる方は『敏感肌』の可能性があります。

 

・つっぱった感じがする
・乾燥しやすい
・かゆくなる
・ニキビ(思春期以外で)、吹き出物がでやすい
・赤くなる

 

これらの症状は『敏感肌』を訴える方の多くの方の肌症状です。
少しの刺激からこのような症状は始まり、さらにかゆみが出た場合闇雲にかきむしるとそこから傷になり傷口から菌が入り肌荒れの原因を引き起こすことがあります。

 

これらを改善するためにも日頃のスキンケア、しかも「保湿」を意識して行うことが重要になってきます。
刺激を最小限に抑えたいのであればオールインワン化粧品を使用し1つのケアで肌に対する摩擦量を減らしたり、とくに乾燥に悩む方は「保湿」に特化した「保湿」クリームで最初のスキンケアにフタをするように優しく塗りこむことも『敏感肌』を改善する方法のひとつです。
また食事の中からも「保湿」を高める食品があります。
魚類や鶏皮などを積極的に摂取することでコラーゲンを摂取でき肌の調子をとりもどしてくれます。
普段の食事で補いにくい肌に必要な成分ビタミンB群やビタミンEなどはサプリメントを摂取することで改善されます。
そして人間の必要とされる睡眠量は7時間ほどですからしっかり寝て疲れを取り体を休ませることも大切な『敏感肌』の改善策です。

 

〜まとめ〜

・『敏感肌』には大きく分けて【先天的敏感肌】と【後天的敏感肌】がある
・『敏感肌』の改善策に「保湿」は大切である

 

『敏感肌』を改善するためにも日頃の生活を改め食生活の見直しも必要になってきます。また、肌の異常を感じた時は皮膚科に行き自分の肌状態を確認してもらうことも手かもしれません。
肌トラブルを改善しいつまでも綺麗で健康的な肌を目指しましょう。